トップ

Profile
402
1975生 男

こうぉ〜なんていうか、やり続けていたいですねぇ〜
by y402
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
snow
surf
sk8?
sound
402
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
マイドサマ! マジで朝..
by y402 at 20:41
嬉しいコメント感謝です!..
by AKIBA at 00:47
まいどー!! マジであ..
by y402 at 16:33
しょーじくん、MOCCA..
by MOCCA at 20:27
そうだね! 今考えるっ..
by y402 at 12:11
我が事と思い メッセー..
by マスター at 10:05
>マスター 早いね〜、..
by y402 at 11:45
もう7年か。。。 早い..
by マスター at 12:10
年明けて早々イロイロ頂い..
by y402 at 11:24
次はインフル!? くれ..
by マスター at 16:13
最新のトラックバック
iPod
from 東京 自然
台湾 台風8号 被害
from 知りたい!
海辺の街、葉山での暮らし..
from 葉山賃貸.com 葉山貸家の..
スノーボード といえば
from スノーボード?
スノーボード といえば
from スノーボード?
スノーボードウェア ラン..
from スノーボードウェア ランキング
Love Saves t..
from SpiritualBolsh..
Love Saves t..
from SpiritualBolsh..
スタッドレスタイヤを激安..
from スタッドレスタイヤを激安で購..
ニーハイブーツ通販激安情報
from ニーハイブーツ通販激安情報を..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
トウホク
a0046709_1553418.jpg



春の様な、、、冬のような、、、

とうとう、3月も最終週。

もう、春雪なコンディションかと思っていたら、なんだかんだと寒気到来。

街でも、またまた冬着なチョイスで、咲き掛けた桜もいつ満開になるか、タイミングを見計らっているようです。

そんな、寒気到来な三月末。

約一年振りににサンディエゴの友達が、待望のカードを片手に友人の結婚式のため帰国。

木曜、横浜で合流、早速ウェルカムな集いに参加。

しかし、週末はタイミングが合わず、山へ。

今回も、仕事もからみ、向かった先は東北。

金曜仕事を済ませ、日付が変わる頃、まずは、東北の玄関口、福島のアルツに向け出発。

どこでもたいして変わらない、深夜の景色の中、北上。

うっすらそらが明るくなる頃、福島入り先に入っていた仕事仲間のステイ先でひとやすみ。

つかの間の睡眠をとり、アルツへ。

寒気のおかげで、ゲレンデには、うっすらとクリーミーパウダー、空は抜ける様な青空。

アルツには、東北のライダーも駆けつけてくれ、さっそく用意を済ませ、何本か足慣らしにコースへ。

キレイなピステンバーンと、ポコジャンなパークをライダーとお客さんと流し、脇に乗っかったクリーミーパウダーを軽く頂く。

2、3本リフトを回し、試乗会のテントへ。
もうヒトリと留守番を変わり、ヒトリテントで、試乗ボードに乗りたいと言う、お客さんを待つ。

昼間になると、なんだか一気に天気が豹変、風が吹き出したと思ったら、一気にビュービューになり、空には雲が流れ込み、最後には横殴りな雪に、、、

試乗会のテントも強風にブっ飛ばされ大破、、、ブースがムチャクチャに、、、

そんなこんなで、結局早めに撤収。

そのままライダーに別れを告げ、一路山形へ。

山形へ向かう途中の峠も、もうすぐ4月と言うのに、雪景色。

さすが東北。

そんな思いを胸に、ステイ先の天童に到着。

チェックインを済ませ、数少ない居酒屋で、メシを済ませベットで就寝。


日曜、山形から程近いジャングルジャングルへ。
天童から車を飛ばして30分程のゲレンデへ。

空は晴模様。

さっそく、またまた準備を済ませ、とりあえず一本。

初めてのジャングルジャングルは、どうやらパークなどの人工物が盛んなゲレンデのよう。

キッカーや、ジブアイテム、クロスのコースに、コースに突然作られたウォールなど、いろんなアイテムがてんこ盛り。

軽くクルーズをし、ブースへ。

そこからちょこちょこと、中抜けし、ゲレンデサーチ。

ところどころ、クリーミーな脇パウを頂きながら、この日はちょこちょこ滑らせて頂きました。

この日は、午後からも天気が崩れることなく、無事終了。

帰りに、仙台のライダーとご飯を軽く食べ、宮城まで行ってから高速に、、、

三月も終わろうとしているのに、東北道には雪が降り始めていた。


a0046709_1523658.jpg



a0046709_1524761.jpg

[PR]
by y402 | 2010-03-31 15:05 | snow | Comments(0)
NICE POWDER
a0046709_1531435.jpg



残りわずかな3月。

春の匂いを感じさせながら、やって来た連休。

春の訪れを告げる、春分の日。

3連休、土曜は早速、スケジュールをブッチギリ、遅めの起床。

予定していた山には、たどり着くことは出来ず。

落ち着かないキモチを紛らわす為に、風速10Mの中、とりあえず海へ。

さすがに、風速10M、どこもコンディションは良くはない。

それでも、どうにか少し風をかわす場所で、とりあえず。

なんせアウトが遠く、ドルフィン道場を越えラインナップへ。

とは言っても、やっぱり別モノ、ウミとヤマ。

しっかり分からされて、そんなこんななやられ気味で海も終了。


次の日は、土曜よりも風の吹き荒れる大荒れな天候。

そんな大荒れな日は、久々の家の用事を済ませ、狙うは連休最終日の山に。

どうやら、荒れた天気は、山に雪を降らせているよう。


振替休日な月曜。

集まったメンツは、"THE 午前な男たち"

このメンツ、だいたい午前券でサクッと帰る八王子クルー。w

さすがに午前な男たちも、3月の今、前日降っているだろう残り僅かなパウパウに期待を寄せ、話している間にどんどん早くなる集合時間。

起きたら電話。オキデンを合い言葉に、各自就寝するも結局電話は鳴らずじまいで、八王子クルー2人を、次々と電話で起こしながらピックアップ。

途中関越で、3台を巻き込むクラッシュを横目に、渋滞にもハマらずトンネルを越え湯沢へ。

この日は営業時間の早い、かぐらの駐車場へ。

営業開始が早いとは言え、それよりも早く到着。

がしかし、準備の途中でトラブル発生、なんとBOAのブーツのワイヤーとブーツの部分が破損!
しかしどうにかこうにか滑れそうなので、なんだかんだ準備を済ませ、営業開始の7:30にGO!

とは言え、そこは実はのんびりな"THE 午前な男たち"もちろん1番のゴンドラには乗り遅れ。。。

それでも、3番目ぐらいに乗車。

とりあえずピークへ。

ピーク近くのリフトに乗りながら、あっちがこっちがとコースをチェック。

コンディションは、小麦粉みたいなパウダー!

いい感じに積もっていて、底当りも気にならない感じ。

しかし、風を受けてガッチリ雪の飛ばされたアイシーなエリアが突然現れる、要注意。

朝のうちは雪もいい感じに締まっていて、板も良く走る。

早速狙いを定め、コースイン。

思ったより走る板。

コウフンのあまり、一足お先にドロップ。

1ターン、2ターン。

歓喜をあげたい所だったが、結構いいスピードが出ていて油断は大敵。

ノールを越え次の斜面でノートラックな端のラインを選ぶと、、、、、

ノートラックではなく、アイスバーン。

そのままエッジが抜け、滑るままに脇のブッシュに。

どうにかミラクルで、木との衝突を回避。

と、コケてる間にみんなに抜かされました。。。。。

そんなこんなで、あっちのパウ、こっちのパウパウを頂き、ピークのリフトが稼働したので弟5リフトへ。

これまた一歩遅れて第5に着いたお陰で、混雑なリフト待ち。

これでは、、、と言う事で、少々トラバースし、2本分降りる。

結構いい感じに楽しめるコンディション。

そんなこんなでもう1本と再度ピークへ。

少々緩和したもののそれでも混雑なリフト待ち。

コリャ〜と"THE 午前な男たち"はハイクを決意。

1本奥の沢の向こうの尾根まで、ヒイヒイ言いながらハイク。

青空のもと、雄大な自然が目の前に広がる。

コースをちょっと出ただけで、ここまで違う。

やはり自然の力はとてつもなくデカい。

小一時間上がった所は、パラダイス。

一面広がるキラキラなバーン。

トラックは数本入っているものの、全然選べばノートラック。

記念にパシャパシャと写真に収めながら"THE 午前な男"たちのFUNセッション。

最後に広めのイチバンな斜面を1人ずつドロップ。

そろそろ"THE 午前な男たち"もサイコーに満腹と言う事で、そのまま一気にベースまで。

最後は足もフラフラ。

下るにつれて、ウエットになるコンディションに、ピヨピヨ。

駐車場に戻る頃には、ガクガク。お腹もイッパイ!ハイタッチ。

そんなで時計を見ると、12時少し過ぎ。やっぱり"THE 午前な男たち"w

気の知れた仲間と、青空のもとサイコーのセッション。

ホントにアリガトウゴザイマス。


帰りには、もうすぐ移転を控えた八王子のスタイリッシュな変態老舗ショップ"RIDE"にお邪魔して破格な価格でお買い物。

移転後も楽しみにしています。

そんなこんな3連休。

KEEP RIDE!

アリガトウ。


a0046709_234738.jpg




a0046709_2341930.jpg




a0046709_2343545.jpg




a0046709_2345025.jpg




a0046709_235361.jpg




a0046709_2351935.jpg




a0046709_2353561.jpg




a0046709_2355139.jpg




a0046709_236119.jpg




a0046709_236125.jpg

[PR]
by y402 | 2010-03-24 20:28 | snow | Comments(0)
弾丸ツアー!1600km
a0046709_19412385.jpg



さて、とうとう春もそこまで来ているのでしょうか?

本日の東京はポカポカ日和。

最高気温も20℃となっており、Tシャツに薄手のアウターを手に出勤いたしました。


さてさて春も近づく3月の週末。

仕事もかねて行ってきました。

人生初の地、中国地方、山陰の鳥取県。

かれこれ、知り合って10年ぐらい経つ友達に会いに、そしてマイドの試乗会です。


週末のETC割引を狙い、金曜の夜に独り出発。

目的地までの距離は、約800km。

行きはスムーズに運転もはかどり、10時間ぐらいで鳥取米子ICに到着。

そこで時間が余ったので、最後のSAで一休み。

3時間ほど仮眠を取り、待ち合わせしていた人と合流を済ませ、一路土曜の試乗会会場の大山国際へ。

春めいた山道をぐんぐん上がると、富士山にも似た大山が。

天気はピーカン、気温も寒くはなく、スキー場はオープンしているものの、早くも雪が心配に。。。

そうこう言っているうちに、スキー場に到着。

先週、雪が降る前は、積雪不足でクローズしていたらしいですが、先週降った奇跡の降雪で、再度のオープン。

なんと言うタイミング。

まさに山の神様の粋な計らいで今回のトリップが開催出来た。

早速現地に集まっていた人と合流、ゲレンデへ。

到着したのは昼頃、天気は午前はガスッていたらしいが、滑り始める頃には太陽がサンサンと照りつける陽気に。

しかし、そんな時期のこんな天気。

一気に雪もベチャベチャに。。。。

普通のコースでも、いつものように前足に乗ってしまうと。。。。

グサ。。。。

とノーズが刺さる。

とまあ、いろんなトラップをかいかぐり、総勢5人であっちに行ったりこっちに行ったりと、春満開なゲレンデをクルージング。

ま、雪はイマイチだったが、楽しいメンツで滑る事が出来た。


そんなこんなで、大山を後に、鳥取市内へ向けて一路ドライブ。

途中温泉に入り、市内の中心の宿にチェックインを済ました時間は、既にいい時間。

ここまでほぼ飲み食いなしで、ドタバタと移動して来たので、ここに来てやっとの食事に。

中心部にある居酒屋で、鳥取の海の幸を頂き、そのまま繁華街を散策しやっとの事でベットに到着。

そのまま、ぐっすり眠りについた。


次の日の日曜、市内から氷ノ山へ。

のんびりとした田舎道を進み、山間の道へ。

スゴいクネクネな坂をぐんぐん上り、到着したわかさ氷ノ山。

そこで、久々に逢う友達と合流。

お互い思ったよりも変わっていないように見えた。

早速、リフト乗り場のすぐ横にテントを立てさせてもらい、準備を済ませる。

天気はまたしてもピーカンな最高な天気。

所々、山肌に出ている地面、空は抜けるような青々とした春めいた天気。

ゲレンデ内も、隠れた岩や土が所々顔を出すようなコンディション。

どうやら、今年はあんまり雪が残っていないようだ。

それでも、7、8年ぶりに一緒に友達と滑るのはコンディションはどうあれ楽しい。

結婚して、子供も出来、なかなか環境的には大変な環境でも、時間を見つけては滑りに行っているらしく、あの頃のスタイリッシュな滑りは今も健在だった。

本人曰く、今でも現役で行けるよ!そんな言葉に嬉しくなった。


アノ頃、まだ20代も半ば、出身もバックボーンも様々な、ただのスノーボードが好きと言った人たちとたくさん出会った。

今も変わらず、アノ頃はサイコーだったと言いきれる。

そんな青春時代。

それから月日は経ち、みんなそれぞれの場所でそれぞれのスタイルで暮らし、スノーボードから様々な理由で離れてしまった人もいる。

でも、今でも場所や環境が変われど、山で味わえるアノ感覚を追い求めて、時間を割いて山に足を運ぶヤツも一杯居る。

そんな仲間と一緒に滑れることがサイコーに幸せに感じる。

みんなもう滑るということが、LIFE WORKになっている。

朝起きたら歯を磨くように、山に雪が積もれば、そこを滑る。

そこに深い理由なんていらない。ごくごく当たり前の行動なのだから。


そんなこんなで、ゲレンデには友達の仲間の鳥取クルーも遊びに来てくれ、昼を前にテント横でバーベキューで一息入れながらの、のんびりした時間を過ごすことが出来た。

ホントに片道約800キロの疲れを忘れさせられた瞬間だった。

長くなった日もダイブ傾き始め、ゲレンデの営業も終わりに近づいた頃、やっとゲレンデを後にした。

最後まで残ってくれた、鳥取クルーの若手のみんな本当にありがとう。

決してコンディション的に言ったら、良いとは言えない状態だったが、それ以上に集まったみんなにアゲられ、また次回!と強く重い、鳥取を後にした。


そんなこんなで、行きはなにげに感じなかった約800キロも、帰りはあまりの長さにゲッソリ。。。

なんだかんだと途中で意識を失い、、、、

気がつけば夜が明け、月曜に。。。。。

とまあ、ダイブ時間はかかったものの、目標のETCの休日割りで2,000円ちょいで帰ってこれ、事故もなく無事に家に着けた。

着いて走行メーターを見てみると、1567km。

でも、そんな距離、みんなが居れば問題ないわ!

次はいつ行くかな?

鳥取のみんなまた行くから待っててね!


Big Thinks!!
氷ノ山クルー
わかさ氷ノ山スキー場
and many more!!


a0046709_19421978.jpg



a0046709_19422833.jpg



a0046709_19424631.jpg



a0046709_1943347.jpg



a0046709_19433075.jpg

[PR]
by y402 | 2010-03-16 18:50 | snow | Comments(0)
キタへ。
a0046709_1716120.jpg



なんだかんだで、バタバタしております。

ここ最近、展示会は終わりましたが、作業の方はまだまだエンドレス。

そんでもって、週末は相変わらずなKEEP RIDE!状態。

アッという間に1週間が過ぎ去って行きますね。。。。

さてさて、3月に入り、まさに天候は春!なんて思っていたら、昨日の冷え込み。。。
東京でも、薄ら雪景色になっておりました。

がしかし、そんな寒さもどこへ、週末には春のような気温に跳ね上がっておりましたが??
やはり、今年は、寒くなって降った後、速攻で暖かくなってますね。

なかなか週末コンディションを当てるのが一苦労です。


そんな中、3月最初の週末は、試乗会をかねて福島、磐梯山!アルツに、猫魔と行って参りました。

なんだか、パッとしない天候の中、東北道を北上。
郡山から磐梯山へ。

なかなか雲の抜けない中、インターを降りアルツ磐梯へ。
早速、昼になるゲレンデへ出るとリフトは中腹で雲の中に吸い込まれている。

早速その雲の中へとリフトへ乗車。

ただ立っているだけだと、ただ曇っているような天候だが、ひとたび板を履き滑り始めると、ガスが水滴となってゴーグルに付着。

ガスった天気も相成って、視界の方はイマイチ。。。。
しかし、冷えきらない温度で雪はシャバシャバ。

そんなシャバシャバの雪のおかげで、楽しみながらバンクを見つけてはスラッシュしまくりな感じで滑り倒す。

日中の営業時間いっぱいまで滑り、宿泊した宿で温泉三昧を堪能し、短い睡眠からか即夢の中へ。


日曜日、朝窓の外を見ると、細かい雪がちらついている。

この日は猫魔で試乗会と言うことで、荷物をせっせと運び、準備を済ませ、とりあえず一本リフトを上がる。
ベースはシャバシャバだったが、ピーク近くはそうはいかず、思い粉雪がハードなバーンの上にしがみついている。

試乗会の間を見て滑りに上がるも、時間が経つに連れて、コース上にはガッチリピステンの爪後が入った氷が顔を出し始める。

天候も時間が経つに連れて冷え込んでくるように。。。。

やはり、カリカリよりシャバシャバの方が楽しめる。。。。

最後に手伝ってくれたライダーなどに挨拶をし、東北道を東京へ走らせた。

辺りが薄暗くなる頃、磐梯山のインターは、いい感じの雪が降り続いていた。
またまた数少ないパウダーを当てることは出来なかった。

そして、昨日の関東での積雪。

あぁ〜、ホンキでパウダーを滑りたい。。。。
[PR]
by Y402 | 2010-03-10 17:16 | 402 | Comments(0)
カワリヤスイテンキ
a0046709_0607.jpg



さて、2月も終了。

なんだかんだ短い月だったのに、早かった。

とうとう3月になると、そろそろハイシーズンも終了?なんて思いが強くなり、大好きなパウダーを当てることは、難しくなってくる。

そんな2月最後の週末。

関東には冷えきらない雨が降っていた。

コンディションを考え、土曜は山へは行かず、仕事で腰を故障している友達を誘って海へ。

海には、沖合の前線から入るうねりで久々に、頭ぐらいのサイズのある波が押し寄せて来ていた。

なんせここ最近、向かっていたのは山ばかり。

そんなサイズに、少々ビビりながら、なるべくうねりをかわすポイントにてゲッティング。

うねりをかわしているからか、はたまた潮の関係か?

少々フェイスはボヨついた感じの中、乗れそうな波を選んでパドリング。

がしかし、普段使っていないパドル。

なかなか波に追いつけず、いつものようには乗らせてもらえません。

数本乗ったかな?ぐらいで、完璧にノックアウト。

やはり、サーフィンとスノーボードは別もの?でした。


そんな土曜日を満喫し、日曜は山へ。

早朝起きると、外は雨。

いつものように暗いうちに家を出て、関越へ。

そのまま、雨の関越を新潟へ。

トンネルを越えると、雪に変わっていた。

そのまま、湯沢で高速を降り、かぐらへ。

前日に、動き始めた第5リフト狙いで、朝イチに到着。

雪は降っているが、積もったすぐ下には、アイシーなバーンが。

リフト、ゴンドラを乗り継ぎ、ピーク付近で数本流す。

やっぱり、バーンはカリカリ。

その後、弟5リフトも稼働したとのことで、行ってみるとやはりカリカリ。。。。

なかなかテンションも上がらないので、斜度のないコースを回す。

激しくエッジを入れなければ、そんなに感じないハードバーンをポコジャンやスイッチなんかで流し、とりあえずのスノーボード。

この日も、購入したのは午前券。

程よく滑った昼頃に、下山コースもオープンしたので、そのまま下り、そのまま終了。

その後の関越道は、さすがに早上がりだけあって渋滞もなくスムーズに夕方には帰宅。

まったり、のんびり滑って参りました。

とりあえず、こんなときは、悪いコンディションの中楽しく滑ることが大切!

特にこれと行ったアイテムは見つけられなくても、流していれば楽しめます。

そんなスノーボードもやっぱり最高。

さてさて、もう3月。

そろそろ春山になりますが、それはそれで楽しんで滑って行きましょう!

後一回ぐらい、どこかでパウダーでも食いたいモンです。


a0046709_063253.jpg



a0046709_064293.jpg

[PR]
by Y402 | 2010-03-03 19:20 | snow | Comments(0)